2018年4月23日月曜日

コアスタッフ紹介 てぃあちゃん

初めまして、広報チーフをやってます、坂本克也です。
特徴は足が細いことです。
去年の富士登山です。標高2000mくらいで空気の薄い中、元気に飛び跳ねています。
[自己紹介]
東京大学 大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻 川口研究室所属です。
現在修士2年(大学院2年目)ですが、学部の時は京都大学に所属していました。たまに関西弁が出ます。
かつやとかかっちゃんとかてぃあちゃんとかもってぃとかてぃあぬすとかいろいろ呼ばれるのですが、てぃあちゃんにしよう言われたのでてぃあちゃんと呼ばれたら返事をします。
ちなみになんでてぃあちゃんかというと、大学の同期に、誰にでも「てぃあぬす」をつけたがる友人がいました(たぶん世界史選択だったんだろうな)。
あだてぃあぬす あすてぃあぬす ののがきあぬす さかもてぃあぬすみたいな感じで。
それでなぜかさかもてぃあぬすだけ定着してしまったのですが、長いから呼ぶのめんどくさいと言い始め、さかもてぃあぬす→てぃあぬす→てぃあちゃんと短く落ち着いたわけです。(勝手ですよねえ)
趣味は外出です。家にこもることはほとんどないです。上の写真を見たらわかると思いますが、あくてぃぶな星の生まれです。ソフトテニスとか、旅行とか、映画とか、とにかく多趣味です。
最近は就職活動をしていて、面接で「短所は?」と聞かれると、「表情が薄いことです。」と答えるくらいにはリアクションが薄いらしいです。ただ内心はハイテンションです。リアクションが薄くてもめげずに話しかけてください。
ちょっと古いかなww
[研究紹介]
私は、「探査機が自動で小惑星に着陸するためにはどうすればよいか?」を考えています。探査機はやぶさや、はやぶさ2はみなさんご存知ですね。これらの探査機が小惑星に着陸するときには、地球のオペレーターさんが、探査機の撮影した画像を元に、探査機が今どのあたりにいるのか推定します。そして探査機の軌道を修正するための指令を送り、それによって探査機は小惑星に向かって降りていくことができます。
はやぶさ、はやぶさ2の着陸のイメージ。基本的には、地球と通信しながら着陸を目指します。

 スマホでLINEをするとき、送信したメッセージはすぐに相手の元に届きますよね。しかしそれはメッセージが瞬間移動しているわけではありません。メッセージは、電波によって、光の速さで伝わっていきます。光の速さというのは、1秒で地球を7周半できるくらいには速いので、地球上で電波は一瞬で伝わります。でも、宇宙は限りなく広大です。探査機が向かう遠くの星に電波を届けるには、とても時間がかかってしまうのです。LINEのメッセージを木星に送るには、片道で40分ほどかかるとか。(笑)
 そこで、最近自動車の自動運転のニュースをよく目にしますが、探査機も自動運転を目指しているのです。どういう方法なら探査機が自動でうまく着陸できるのか、小惑星の模型を使っていろいろなシミュレーションを行っています。
[意気込み]
私が高校生だったときには、部活に明け暮れ、きみっしょんなんてものがあることを全く知りませんでした。大抵の人はそうでしょう。そんな中できみっしょんのことを知り、応募してくれたみなさんには、ここでしかできない経験がして欲しいと考えています。これは、私だけでなく、スタッフ一同の総意です!
この企画が、これから将来に向けた選択をしていくみなさんの力に、少しでもなれればいいなと思っています。

それではみなさん、当日お会いできるのを楽しみにしています!

てぃあ

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。