2018年7月20日金曜日

スタッフ紹介 のDIO

みなさん、初めまして!

今年から新しくきみっしょんのスタッフメンバーになりました、野崎遼(のざ
きりょう)です。ニックネームは「のDIO(のでぃおと読みます)」です!
どうしてそのようなニックネームになったかというと、研究室の怖い怖い先輩にそ
う名付けられてしまったのでそうな名乗るしかなくなってしまったのです(本当は
怖い先輩はいません笑)。全てが初めてのことで至らぬ点も多々あるかと存じます
が、精一杯頑張りますのでよろしくお願いします!






右の帽子をかぶっているのが僕です。
友人とディズニーランドに行った時の写真です。
(こんなに楽しそうな顔なかなかしません)

[自己紹介]

早稲田大学基幹理工学部電子物理システム学科学部4年で、
研究室は廣瀬研究室です。

出身は愛知県の豊田市です!あのクルマのまちのトヨタ!!!
世界のTOYOTAに住んでました!と自己紹介では決まって言うのですが、
豊田市って結構大きい。僕が住んでいたところは車がビュンビュン通るところか
らすこーーし離れた山の近くでした。ので、イノシシや猿がいますよ笑
スポーツが好きで、小学生の頃から野球(小中)と水泳(小中高)をやっていま
した。時々研究室のメンバーと大学の近くの公園でキャッチボールをします!た
だ、野球をするのは好きなのですが、試合観戦はほどほどなので、好きな球団や
選手を聞かれてもちょっと、、、水泳についても、時折近くのプールに行きます。
部活動で水泳をやっていた時の種目は背泳ぎを専門にやっていました!(ちなみ
に平泳ぎが一番苦手です)先日久々にプールに行って潜水をして気持ちよく泳い
でいると、どうやら潜水は禁止らしく、注意されてしましました(ずっと禁止だ
ったらしいのですが初めて言われました笑)。キャッチボールも水泳もやった後
はとてもリフレッシュできた気分になるので是非気晴らしにでもやってみて下さ
い!

[研究紹介]
学部の4年生なのでまだ研究をするための勉強をしている段階ですが、今はXPS
という測定装置についての勉強をしていて、おそらく研究はその装置を使った研究
をすることになると思います。XPSは物質の表面を分析する装置で、高校の物理の
教科書にも載っている「光電効果」が関係しています。物質にX線を当てると物質
中の電子が励起されて外に飛び出してきます。その電子(光電子と言います)の運
動エネルギーを測定することでその物質の分析をします。表面付近の電子が物質の
外部に飛び出してくるため表面がプラスに帯電します。このことをチャージア
と言いますが、今後はこのチャージアップについて勉強を進めていくこと
なると思います。

XPS装置
出典:VG Scientific, ESCALAB 220i_XL Service Manual
XPSを上から見た図
出典:VG Scientific, ESCALAB 220i_XL Service Manual


[意気込み]
きみっしょんの主役である高校生の皆さんにとって、貴重で充実した5日間になる
よう全力でサポートさせて頂きます!宇宙ミッションを作り上げるまでにさまざま
な困難を乗り越えることになると思いますが、一丸となって頑張りましょう!きみ
っしょんでの経験がみなさんの将来の可能性を広げるきっかけになることを祈って
います。当日お会いできるのを楽しみにしています!!!

のDIO

2018年7月19日木曜日

ALTAIR班 第3回ミーティング

ALTAIR班, 第3回ミーティングです!

こんにちは! 今年は完全レアキャラ, ALTILE班の"かちょー"です.
ALTILE班会議も重ねること3回目, 本日は当日に行うアイスブレイクの内容, きみっしょん本番のリハーサルとなる"おれっしょん"を行いました! 本番が近づいていることを肌に感じております. 緊張感高まる..

 て, きみっしょん当日に創造的な議論を重ねるためにはお互いリラックスした状態で意見を言い合える関係性がとても大切. 正直, どこか遠くの違う高校から来た人同士が初対面なのだから, 緊張して当然です. そのため, 高校生の緊張感を和らげる手助けとなるアイスブレイクの内容も, このようにきちんと事前に話し合うのです. そんな議論の結果決定したアイスブレイクの内容とは...  当日をたのしみにしていてください🎶

白熱する"おれっしょん"の様子

 いてはきみっしょん本番さながらに院生だけでミッションを作る"おれっしょん"を行いました.  スタッフ院生が高校生役と院生役に分かれて議論を重ねて行きます. 上記の写真はブレーンストーミングの様子, 創造的なアイデアが飛び交います.

 2時間の議論の結果, なんとかミッションの形をまとめることに成功しました. きみっしょん当日に向けて, こちらの準備は万端です. 当日高校生たちと会えるのをスタッフ一同楽しみにしています.

かちょー

2018年7月18日水曜日

スタッフ紹介 しみ

みなさんはじめまして。
2018年のきみっしょんスタッフをさせていただきます、しみこと清水
裕介です!
派生形で「しみちゃん」とか「しみしみ」とも呼ばれたりします。
よろしくお願いします!


[自己紹介]
東京大学の大学院で航空宇宙工学を専攻する修士課程の2年生です。
きみっしょんのスタッフをするのは今年が初めてなのでぴちぴちの1年生です。
現在電気推進工学研究室に所属しています。昨年度までは國中研究室と名
乗っていましたが、今年度から國中先生が教授職ではなくなってしまったので、
ふわっとした名乗り方をしています。研究室のHPも現在リニューアル中です。
夏ごろには公開されると思います!


ハワイ・ダイヤモンドヘッドの中腹にて
我ながらいい顔してます


生まれも育ちも大阪なので関西弁上級者です。ボケもツッコミもそれなりにでき
ます。こっちでは関西ローカルのテレビ番組が見れないのでなかなか辛い...


趣味はカメラです。が、最近撮りにいけてないので趣味と呼べるか怪しいです。
暇つぶしにけん玉をしたりもします。最近「世界一周」という技をできるように
なったので、今は「宇宙一周」という技に挑戦しています。宇宙研の学生として
ぜひとも成功したい!


ちなみに広報チーフのてぃあちゃんとは学部時代からの友達です。
ずっと「坂本」と呼んでいたので、かわいいあだ名に口元が緩んでしまいます。


[研究紹介]
電気推進の1つであるイオンエンジンの研究をしています。
イオンエンジンは聞いたことあるけど、電気推進って何?と思う人もいるでしょ
う。宇宙で使われるエンジンには大きく分けて2種類あります。


1つは「化学推進エンジン」というもので、例えば水素と酸素の化学反応(燃焼)に
よって得たエネルギーを使ってガスを噴射します。化学の授業で出てくる熱化学
方程式のやつですね。パワーが非常に大きいので、HⅡロケットなどの地球から
出ていくロケットによく使われます。衛星の姿勢制御にも使われます。
もう1つが「電気推進エンジン」というもので、電気のエネルギーを使ってガスを
噴射します。電気エネルギーの使い方によっていろいろなエンジンに分類されま
す。(例:DCアークジェット、ホールスラスタ、MPDスラスタなど。)パワーは化
学推進に比べて小さいですが、燃費が非常に良いので、重力や抵抗が少ない宇宙
空間で主に使われます。


いわゆる『ロケット』は化学推進
(http://www.rocket.jaxa.jp/rocket/h2a/)


「はやぶさ」のイオンエンジンは電気推進
(http://www.isas.jaxa.jp/ISASnews/No.261/isas.html)


そんな電気推進の1つであるイオンエンジンですが、仕組みをざっくり説明すると、
「ガスを電気の力でイオンにして、
イオンを電気の力で外に噴射する」
です。ガスをどうやってイオンにするかを理解するのは難しいのでここでは割愛し
ます。イオンを電気の力で噴射するのは物理の授業で出てくる静電気力というやつ
です。イオンは電荷だから、電気の力(電圧)で電場を作ってあげると加速してくれ
るんですね~。


イオンエンジンの仕組み
(http://www.isas.jaxa.jp/ISASnews/No.230/ken-kyu.html)


イオンエンジンは地球上で1円玉をぎりぎり持ち上げるぐらいの力しか出せませ
んが、宇宙空間は重力や抵抗が少ないので、噴き続ければどんどん加速してくれ
ます。噴き続ける時間が長くなれば、もっともっと加速して遠くの天体までたど
り着けます。燃費がよくなれば、噴き続ける時間が長くなります。
というわけで、私の研究は「イオンエンジンの燃費を良くすること」
です。「はやぶさ」や「はやぶさ2」に搭載されたイオンエンジン「µ10」の改
良版「µ10HIsp」の開発とも言います。
燃費を良くする方法はいくつかあるのですが、私の研究ではさっき出てきた電圧
を大きくする方法を採用しています。なんとこの方法、燃費だけじゃなく
パワーも向上するんです!一石二鳥!!
とはいえ、そう簡単にはいきません。「はやぶさ2」に比べて、燃費を2倍以上
に、パワーを2.5倍以上にできるよう、日々研究に勤しんでいます。


ちなみにこの「µ10HIsp」は次期ソーラー電力セイル探査機「OKEANOS」に搭
載される予定で、木星圏まで航行します!
ソーラー電力セイル「IKAROS」がきっかけで宇宙工学の道を志したことと、私
の大好きな漫画「プラネテス」で主人公が木星に行くことから、勝手に運命を感
じています。笑


ソーラー電力セイル探査機「OKEANOS」
(https://twitter.com/solar_sail2016)


[意気込み]
私が高校生のころは具体的に何がしたいというわけではなく、ただ漠然と宇宙開
に携わりたいと思っていただけでした。今そういう状況で、進路を決めかねて
いる人もいると思います。逆に自分がしたいことがすでに決まっている人もいる
と思います。きみっしょんでは皆さんの、宇宙に関するイメージがより具体的
に、より広くなるようにサポートできるよう頑張ります!

しみ

2018年7月16日月曜日

スタッフ紹介 えんまさ

こんにちは.
第17回きみっしょんの広報係を務める えんまさこと,遠藤 将都(えんどう まさと)です.

国際航空宇宙展2016での一枚

[自己紹介]
私は 金沢工業大学 工学部 航空システム工学科の学部4年です.
JAXAの学生実習制度(技術習得方式)を使って宇宙研に来ています.

学生実習制度とは,「国内外の短大・高専生から大学院生までを対象として,JAXAの保有する知見・技術習得の指導を受託し,又はJAXAの職場での就業・研究の体験の機会を提供する制度」のことです.(JAXAホームページより抜粋)
(学生実習制度についてはhttp://www.jaxa.jp/edu_j.htmlをご覧ください)

宇宙研では宇宙飛翔工学研究系の川勝研究室に所属しています.

2013年の第12回きみっしょんに高校生として参加し,今年はスタッフとしてきみっしょんに戻ってきました.(2013年の様子はhttp://kimission2013.blogspot.jpをご覧ください.)
ちなみに,同じ研究室でスタッフをしているまっちも同じく12回きみっしょんの参加者です.まっちが触れてた研究室の同期が私です(笑).

趣味は旅行です.
大学生になってからは関西や九州,中国地方へ旅行へ行きました.
乗り物(航空機など)が好きなので,移動も楽しみの1つです(笑).

左:広島県の厳島神社 右:長崎県の端島(軍艦島)


[研究について]
私が所属する川勝研究室では,宇宙機とくに深宇宙探査機の軌道の研究をしています.

研究している主なミッションとして
  • MMX
  • DESTINY+
  • EQUULEUS (エクレウス)
  • OMOTENASHI
の4つがあります.

特に,私も参加しているDESTINY+について詳しく説明すると,
DESTINY+とは,深宇宙探査技術実証機のことで,
Demonstration and Experiment of Space Technology for INterplanetary voYage PLUS
から命名されています.(長いですね...)

DESTINY+のイメージ(DESTINY+公式HPより)


ミッションとしては,小惑星フェイトン(Phaethon)の探査深宇宙航行技術の実証を目的としています.このフェイトンは毎年12月ごろに見られるふたご座流星群の母天体とみられています.そのため,フェイトンと流星群の関係などを明らかにするため実際に行って観測してみるというわけです.

深宇宙航行技術の実証としては,電気推進(イオンエンジン)の活用や小天体のフライバイ探査の技術獲得を目的とします.イオンエンジンとは,はやぶさやはやぶさ2で用いられているエンジンです.燃費が良いというメリットがありますが,加速に時間がかかるというデメリットもあります.では,イオンエンジンを使わずに,時間をかけず加速させるためにはどうすればよいでしょうか?

答えは,月を利用することです.

月の運動エネルギーを使う,「スイングバイ」というものを行うことで探査機を加速させることができます.そのためDESTINY+ではイオンエンジンによる加速と月での複数回のスイングバイを組み合わせて利用することで,フェイトンまで向かう予定です.

スウィングバイの概念図(JAXA宇宙情報センターより)


そしてフェイトンとは秒速33kmという高速ですれ違います.(フライバイ)
このすれ違う前後でカメラで撮影するなどの観測を行います.

川勝研究室では,この打ち上げからフェイトンに至るまでの一連の軌道の検討や解析を行っています.


[意気込み]
自己紹介でも書いたように,私も高校生の時きみっしょんに参加しました.そのきみっしょんでの5日間はとても充実していて,今までにない経験を味わいました.参加する前には宇宙という広大なものに憧れているだけでしたが,きみっしょんに参加したことで,宇宙に関する研究,勉強をしたいと思うようになりました.そして縁があってスタッフとしてきみっしょんに参加できることになりました.高校生の皆さんにも,一生モノの体験をしてもらえるようにお手伝いしていきますのでよろしくお願いします.

えんまさ